見玉不動尊にて『火渡り護摩』が開催されました。

Posted on Posted in 報告, 見玉不動尊

昨日、見玉不動尊にて年に一度の『火渡り護摩』が開催されました。

朝は晴れて虹も出ていましたが、始まる時間に近づくにつれ雨が降ったり止んだり。

正午いよいよ開催!のはずが、なぜか始まりません。

皆さん????。会場はガヤガヤ。

 

12時25分、予定より少しだけ遅れて27年11月3日見玉不動尊火渡り護摩がスタートしました。自分も実行委員なのですが、今回は先導役って名前のカメラ係。

錫杖を先頭に数十名の行列が粛々と堂々と不動尊を目指して進みました。(ここで奇跡的に雨がやみました!)

仁王門をくぐり大僧正の指揮の下、いよいよ点火の時が!今年の火はどうかな?去年よりいい煙が上がるかな?みんなの期待の瞬間です。

ヒュン…。境内に少しだけ風が吹き抜けたと思うと渦を巻いていた煙が空へと舞い上がり、大きな炎が一気に立ち上がりました。その荘厳な様は見る者全てを圧倒。すごい。

 

今年も会場(境内)には沢山の参列者の皆さんにお越しいただきました。

混雑緩和のための駐車場、道路規制についてもご理解いただきありがとうございました。参列参拝の皆様に、火渡り護摩実行委員会の一員としてお礼申し上げます。

ありがとうございました。(K)