きのこの様子(天然きのこ)

Posted on Posted in お知らせ

ナメコ🍄
早生の発生は10日以上早く、ナガレが多く見られます。ツブが付き始めましたが、発生はかなり少なめです。ナラ枯れへの発生は、見られなくなりました。希少です。

ムキタケ🍄
ツブが付き始めました。発生は極めて少なく希少です。


クリタケ🍄
早生の発生が見られます。大きな群生を、確認できます。11月が本番です。

舞茸🍄
終わりです。例年より10日以上早い発生でした。

ナラタケ🍄
終わりです。今年は部分的に、大発生が見られました。

アケボノサクラシメジ🍄
終わりです。局部的な発生が見られました。

< 山の状況🍄 >
山も秋の様子になってきて、天然きのこの問い合わせも、多く頂くようになりました。メディアなどで、今年はきのこが大発生!と、多くの報道がされていますが、それは地域的、部分的、種類的なものであって、全てで共通するものではありません。今日現在(10/19)いつもであれば群生が見られるハイイロシメジ、コウタケなどは、全く発生していません。
ナメコ、ムキタケに於いても、殆ど発生が確認できず、数少ない物をツブの状態での乱獲が、目立ってきています。

「🌳山を訪れるみんなの、自然への敬意と、自然への優しさに、期待します。」